日本におけるクレジットカードの利用率

世界では割と多くの人がクレジットカードを利用しています。お隣韓国では利用率が5割を超えています。しかしながら日本では最新のデータによれば所有率が高くても、利用率は1割程度しかないのです。その理由をしてはクレジットカードに対しての知識不足やそれに関連してカードの所有者が「借金」をしているイメージがあること、また自己破産の懸念や国家的普及不足や施策不足などが要因と考えられます。日本でクレジットカードを使って超高額商品を買うとすればその多くは稼ぎがある社長や芸能人が多いでしょう。所有率が高いのはクレジットカードが一種のステータスの意味合いがあってのことで実際に使うとすればポイント運用をしない限りは、マイナスの面が多いイメージが支配していて利用率の上昇につながらないのではないかと推察できます。