クレジットカードの落とし穴

クレジットカードを使い始めて15年ほど経つでしょうか。最初は、なんて便利なものだろうと思っていました。ジャラジャラ、小銭を持ち歩く必要もなければ、インターネットで買い物した後に銀行や郵便局などに行って振り込みをする必要もありません。確かに、そうしたメリットやポイントを貯められるという良さもあるのですが、我が家はクレジットカードによって家計が破産しかけました。クレジットカードには落とし穴があります。それは、引き落とし日が大抵、翌々月など先に行われる、ということです。その月にショッピングしてその月に引き落とされるならばお金が減っている感覚があるのですが、翌々月のため収入よりも出費の方が多くなっていることに気づきませんでした。しばらく自転車操業を強いられてしまったので、クレジットカードより現金生活の方が我が家には合っていると結論しました。

クレジットカードのキャッシング枠が少なすぎました

最近、クレジットカードで行えるキャッシングをよく利用します。というも海外出張の際にキャッシングを利用して日本円を両替すると通貨レートがよく、お得だからです。このような仕方で両替を行っているために、自分は海外出張の際はあまり現金を持っていきません。しかし先日、この状況が仇となりました。出張先でほしいものが見つかり、それを購入しようと早速キャッシングによってお金を引き出そうとしました。しかし自分がキャッシングしようとした額はクレジットカードでキャッシングを行える最高額を超過しており、それが不可能だったのです。クレジットカードを作る際、審査をパスするためにキャッシングの最高額を低く設定してしまったのです。ちょっとした失敗でした。